GiveLog~GIVEするブログ~

推奨読者:テスト期間にテスト勉強以外のことがはかどってしまう人

蝉と空蝉

蝉は七日の命と聞く。

 

蝉の幼虫は数年を土の中で過ごすらしい。

 

 

 

ふと、夏休みは近くの公園で蝉採りをしていたことを思い出す。

大きな桜の木にひっついた蝉を虫アミで捕まえ糸を結びつける。蝉は凧のように上がってゆく。ただ糸の長さまでしか蝉の自由はない。

 

今思えばひどく酷なことをしていた。

当時は小学生だった。毎朝起きて蝉の声を聴くと捕まえに行ったものだ。

 

 

 

今、蝉の声が聞こえる。時計の針は午前2時を指している。

夏の夜に蝉の声。かつては朝聴いていた蝉の声が夜中にも鳴いていることを知った。

 

 

生に執着した悲痛な叫びに聞こえる。

蝉はこうして今を生きているのだ。

命ある限り彼らは叫び続ける。

 

 

彼らに比べると私は死んでいるも同然だ。

僕らはきっとなんとなく日々死んでいる。

広告を非表示にする